​業務別 仕事内容

電気工事

 
Glass Buildings

電気工事の仕事とは

電気工事とは、ライフラインのひとつである電気を皆さんが使用できるように、送電線の配線、分電盤(ブレーカー等)、照明器具(LED、蛍光灯他)、配線器具(スイッチ、コンセント等)など取り付けなどの電気工作物の工事を行う専門工事です。

実際工事をおこなうには、国家資格(電気工事士)が必要であり、こちらの資格が未収得であれば会社にてサポートさせていただきます。

実際仕事をする場所は、現場と言われる場所で色々な現場があります。

某大手スーパーの改装の際におこなわれる改装工事内での電気工事であったり、新築の病院施設の電気工事であったり、最近ではタワーマンションの新築工事現場の電気工事などです。

・お仕事内容───電気工事

building_high2.png
cable_black.png

・現場の建物内に電気を流す為の電線を配線します。 
   大まかにはここまでが配線工事になります。

ceiling_rosette_maru.png
ceiling_rosette_kaku.png
switch_denki_dentou2.png
switch_denki_dentou_flat2.png
light_bulb.png

・配線した電線を目的に合わせて機器に接続したり、
 電線同士を接続したりと端末を処理します。
   配線器具、照明器具などの取り付けもこの段階になります。

denkyuu_on.png
kagu_light_pendant_snafkin.png

・取り付けた機器、および配線などをすべて検査機器を使用し、
   問題が無ければ電気を実際流し、通電させ、最終確認をします。
   自分で工事した照明が綺麗に点灯した時は思わず感動!

施工班が語る『電気工事』のお仕事

kyatatsu_hakobu.png

今回は一例を挙げただけですので電気工事といわれる工事には様々な内容がありますので日々新しい工事の毎日になると思います。

今、皆さんが目にする建物(一戸建て、マンション、ビル、学校、病院など)で、電気を一つも使用しない部屋はほぼ存在していないんですよね。

ですから、電気工事の需要は非常に高いです、建物内すべての場所で電気工事があります。

建設現場でも、色々な業種を押さえて電気工事に従事する人が一番多いなんて事も少なくありません。

電気工事を学べば仕事に困る事は少ないと思いますよ。

sankaku_road_cone_line.png

通信工事

 
Keyboard and Mouse

通信工事とは──

Wi-Fi と LAN工事

普段、日常的に使っている「Wi-Fi」

私達はWi-Fiを使用出来る環境を作っています

・自宅でWi-Fiを使いたい

・オフィスでWi-Fiを使いたい

・公園でもWi-Fiを使えるの?

様々なお客様のニーズに合わせて日々施工を行っています。

Wi-Fiだけでなく、オフィスで複数のパソコンやプリンターをネットに接続して仕事が出来るようになるLAN(ローカルエリアネットワーク)工事も行っております!

・お仕事内容───Wi-Fi工事

例) 〇〇市立体育館Wi-Fi環境構築工事

setsumeikai_seminar.png
school_taiikukan.png
pose_yubisashi_kakunin_sagyouin_man.png
school_taiikukan2.png
kaden_wifi_router.png
wifi_yes.png

発注者様から、「〇〇市立体育館において、館内全域でWi-Fiを使用出来る様にしたい」という依頼が来ました。

・まずは工事説明会に出席し概要を把握します。

ここでは、AP(アクセスポイント)と呼ばれるWi-Fiを発射する装置の数量や、APをネットワークに繋ぐLANケーブルの配線についての説明があります。

・続いて工事現場の現地調査に移ります。

現地調査では、工事説明会で得た情報(数量表や工事図面)をもとに、AP(WiFiアクセスポイント)の設置場所やLANケーブルの配線ルートの調査をします。

普段見る事の出来ない天井裏のスペースや床下の調査をしたりもします。また、テスト用APを使用して仮に電波を発射し、AP設置位置の選定を行ったりもします。

・いよいよ工事です。

工事作業員全員で朝礼を行い工事における注意点等を共有します。 

全員が持ち場に入り工事開始です。

工事には、1日で終わる工事もあれば1年2年と長期間の工事もあります。

作業が終わりWi-Fiのテストをして工事終了です。

「お疲れさまでした!」

施工班が語る『Wi-Fi工事』のお仕事

一概に工事というと、職人が黙々と作業するイメージがあると思います。

sagyouin_stand_smartphone_man.png

しかし、一つの工事に対して、【打合せ】【調査】【見積】【準備】【工事】とあり、打合せや調査のそれぞれ一つを取って見ても、様々な人と関わり協力し合って【工事】が完成します。

未経験者として入社した私も、先輩や現場の人に助けられながら工事責任者を務められるようになりました。

技術が必要な高いハードルの仕事に見られがちですが、最初に必要な物はやる気だけで充分です。

私達と一緒に工事に携われる日を楽しみに待っています!

sankaku_road_cone_line.png

通信工事とは──

光回線工事

情報通信のインフラを支える光回線工事です!

ひとことに「光回線工事」といっても、その種類、段階には様々なものがあります。

実際に光回線を引けるかどうかを現場に訪問して事前調査を行う「現地調査」

光回線を建物に引き込み、お客様がネットワークを利用できる状態にする「開通工事」

お客様の目に触れない部分に光ケーブルを配線したり、より安全に、目立ちにくい配線を行う「配線工事」など、活躍できるジャンルが盛りだくさんの工事部門です!

 

・お仕事内容1───現地調査

building_high2.png
pose_yubisashi_kakunin_sagyouin_man.png

・建物の構造を調べて、光回線の取得元から端末までの光回線ケーブルを配線するルートを決める『調査部隊』!

・現地で撮影した写真を元に、図面を作成・報告する!

document_houkokusyo.png

・報告書は実際に施工する『施工班』が資料として使う!

スムーズに工事を行うための重要な役割です!

調査員が語る『現地調査』のお仕事

調査業務は、調査内容がお客様の生活の質、施工の可否や難しさに関わります。

computer_sagyouin_man.png

​一見、光回線の提供が難しいと思える建物でも、私たちの工夫によってご提供できることもたくさんあります。そんなときはやはりやりがいを感じますね。

初めて光回線を導入するような建物は、時には構造を把握するのが難しいものもあったりしますので、一人では難しい場合、仲間と連携して進めることが必要です。

目視できない経路を調べたりするので、論理的思考と洞察力、集中力を養いたい人に最適です。

・お仕事内容2───光回線開通工事

denchu_densen_machi.png
car_kousyo_sagyousya.png

・光回線の取得元(※)から端末まで光回線ケーブルを配線し、光回線端末を設置してお客様がネットを利用できる状態(開通) にする工事の『実行部隊』!

※光回線設備から取得します。

 光回線設備は、電柱に設置されていたり、建物内に設置されているなど、様々なパターンがあります。

monitor_blank_sagyouin_man.png
internet_mark.png
internet_modem.png

・必要な場合はお客様のパソコン設定を行うことも!

 お客様の通信インフラを構築する、もはや社会になくてはならないお仕事です!

施工班が語る『開通工事』のお仕事

job_sagyouin_tablet_man.png

通信のラストワンマイルを担うのが開通工事(FTTH:Fiber To The Home)。

お客様にとってはサービス提供が始まる最後の段階で、施工する側にとっては工事の集大成となります。お客様に工事の完了を伝え、お引き渡しした時にいただける笑顔と感謝のお言葉はなにものにも代え難く、この仕事の醍醐味です。

また、全く同じ建物で全く同じ環境というものは一つもないので、現地で行った工事は常に唯一無二の完成品となり、これもまた私の制作意欲をかきたてます。

その場その場で自ら考え、瞬時に判断していかなくてはならないので苦労する現場もありますが、チャレンジ精神の旺盛な人には向いているかもしれませんね。

sankaku_road_cone_line.png
 

鉄道工事

RIMG1076.JPG

鉄道工事のお仕事とは

鉄道信号工事。鉄道工事の中でも、列車に乗車するお客様の安全確保を担う信号設備の新設・取替工事を行っています。

列車が安全に運行出来るのは、信号設備がいつも正常に機能してくれているから。

信号設備とは、信号機はもちろん踏切警報機や遮断機、接続されているケーブル、信号機が取付けられているコンクリート製の柱や標識と幅広く、それらは鉄道には欠かせない重要な設備です。

線路の近くで信号設備の取替などを行い、自分の施工した物がカタチに残るとてもやりがいのある仕事です!

・お仕事内容───信号機構取替工事

RIMG4807.jpg

・保守作業着手

列車が進来してこない間合いで、決められた時間内に信号機内の配線取り外しと二人以上で信号機の交換を行います。

新しい信号機に取り替えたら、配線を決められた箇所に戻します。

必ず二人以上で間違いが無いか確認しながら作業します。

RIMG3223.jpg

・機能確認試験

試験用のチェックリストをもとに、すべての条件で間違いなく信号機が点灯するか確認試験。電球の電圧測定も行います。

RIMG1095.JPG

・保守作業解除

機能確認試験で正常性が確認できれば、取替終了。

RIMG1088.JPG

・現車確認

実際に列車が問題なく通過するのを、線路外で目視確認します。

無事、現車確認が終われば、作業終了!

お疲れ様でした!

施工班が語る『鉄道工事』のお仕事

鉄道の信号設備工事は列車と列車の間合いで作業を行います。

信号機は取替と試験が終わると、最初に来る列車から使用開始になります。

banzai_sagyou_helmet_people.png
shinkansen_e5_hayabusa.png

決められた時間内に作業するので、時間に迫られる緊張感は多少ありますが、仲間と一緒に作業して最終確認も責任者が行うので失敗がありません。

分からない事はその場で確認できるので、知識と経験が蓄積されていく「手ごたえ」を感じることができますし、講習や安全教育で学んだ事を現場で活かせる環境がこの会社にはあります。

列車の運転士さんや乗客の方々が目にする重要な設備なので、自分が施工したものがカタチに残り、人々の役に立っている事に達成感を感じたい人に最適なシゴトです。